スイングポップの特徴を解説します

商品をより目立たせるためのツールはたくさんありますが、最近はスイングポップも増えてきました。名前だけだと分かりにくいかもしれませんが、これはアーム部分と広告部分で構成されていて、目立たせたい商品の前にアーム部分を貼り付けて使います。お客さんが前を通ったり、扉などが開いて風が吹くと、ふわふわと揺れる広告なので、このように名づけられているのです。もしかすると、広告自体はもう目にしたことがあるかもしれません。セールなどの割引や、季節商品など、いろんな内容がありますので、使い方次第で広告の仕方も広がっていくと思って構いません。これまでの一般的な広告と違って動きがあるので、視覚的な効果も高くてお客様の目に入りやすい特徴があるので、よりはっきりと宣伝したいものに使うのをおすすめします。

まずは定型から使ってみましょう

視覚的効果も高いスイングポップですが、いざ印刷してみようと思うとどんな形にすればいいのか、悩んでしまう方も少なくありません。基本的には、最初にやってみるなら業者側で用意されているテンプレートな定番型の丸や四角で作ってみるとよいでしょう。比較的印刷できる範囲も広いので、宣伝したい内容もしっかりと入れていくことができます。大きさも小サイズや大サイズなどそれぞれ用意されているので、定規で大体の大きさを確認してから発注してみましょう。台紙になる部分は紙やプラスチックなど、使えるものが異なりますので、利用しやすいものを選んで使って下さい。小部数対応をしてくれているところであれば、試しに作ってどんな雰囲気になるのかも分かりやすいので、これからたくさん作ってみたい方にもより使いやすいです。

もっと使いこなしていきたいと思ったら

定番のスイングポップでも十分に使いやすいのですが、自分たちでオリジナルのデータを用意してオリジナルの形のものも製作ができるところが多いです。ここぞという商品やサービスの時に利用すれば、しっかりとアピールポイントをお客様に見てもらうことができます。その際には、データをきちんと作らないと印刷やカッティングが上手くいかないトラブルが発生したりする原因にもなりますので、製作をする時にはガイドなどもよく読んでから作るようにしましょう。もちろん、自分たちで製作が難しそうと思ったら業者側にデザインを依頼したりする事もできますので、安心して高品質な販促ツールを製作できます。サイズや価格、そして納期も業者毎で違いますから見積もりも取りながら利用をしていきましょう。